東京スター銀行スターカードローンの審査〜契約について

東京スター銀行スターカードローンの審査〜契約について

東京スター銀行スターカードローンの審査〜契約について

東京スター銀行のスターカードローンはインターネットで融資審査の申し込みをすることができます。

 

この際、東京スター銀行の口座を開設しなければならないのですが、これもネット上で手続きできるので来店の必要はありません。仮審査が通ると、本人確認と在籍確認があります。

 

在籍確認とは、勤め先に申込者が本当に在籍しているのかを調べるためのもので、職場への電話で確認をとります。

 

このとき、ローン審査の電話だとわからないように対応してくれるので、職場や同僚にばれることはありません。

 

たいてい、申込者の知人や顧客を装って、個人名で電話がかかってきます。

 

どうしても心配な人は、在籍確認がありそうなときは職場に待機しておくとよいです。契約に必要な書類もWEB上の手続きで送ることができます。

 

身分証明には運転免許証かパスポート、それにくわえて健康保険証が必要です。

 

運転免許証にくわえて健康保険証が必要な点はキャッシング会社よりも必要書類が多いです。

 

また、融資額によっては収入証明書が必要になります。キャッシングを利用するときに必要なカードは後日郵送されます。

 

でも、パソコンやスマホを使えば契約したその日からキャッシングを利用することもできます。

 

スターカードローンはキャッシング即日融資も可能なので、これから審査申し込みをする人でもすぐにお金を借りることができます。

申し込み内容の正確さが重視される東京スター銀行

東京スター銀行のスターカードローンの申し込みをする時には、必ず申し込み用の書類に記載をしていく事になります。

 

またWEB媒体で申し込みをするのであれば、フォームに様々な情報を入力する事になるのです。

 

そしてこの銀行から借りようと考えているのであれば、情報の正しさには気をつけた方が良いでしょう。

 

というのも間違った情報をこの銀行に送信してしまうと、それで借りるのが難しくなってしまう事があるからです。

 

例えば住所ですね。申込書に記載した住所が間違ってしまっていると、それで借りるのが難しくなってしまう事もしばしばあります。

 

それとお勤め先の状況も同様で、やはり何か間違った内容を記載してしまっていると、それで借りるのが難しくなる事例もあります。

 

それとお勤め先やお住まいでの年数ですね。どちらも年数を記載する欄があるのですが、それを水増しして記載してしまうと、借りるのが困難になる事もあります。

 

まだ1年しか居住していないにもかかわらず3年などと記載してしまいますと、やはり落とされてしまう確率は高まるでしょう。

 

このように東京スター銀行に対する申し込みデータは、内容の正確さが求められる訳ですね。そしてデータを入力すると、たまに入力ミスなどが発生する可能性もあります。

 

入力ミスで借りられないのは少々悲しいので、データを送信する前に一読して、内容が正しいかどうかを確認すると良いでしょう。