東京スター銀行スターカードローンの審査〜契約について

東京スター銀行スターカードローンの審査〜契約について

 

東京スター銀行スターカードローンの審査〜契約について

東京スター銀行のスターカードローンはインターネットで融資審査の申し込みをすることができます。

 

この際、東京スター銀行の口座を開設しなければならないのですが、これもネット上で手続きできるので来店の必要はありません。

 

仮審査が通ると、本人確認と在籍確認があります。

 

在籍確認とは、勤め先に申込者が本当に在籍しているのかを調べるためのもので、職場への電話で確認をとります。

 

このとき、ローン審査の電話だとわからないように対応してくれるので、職場や同僚にばれることはありません。

 

たいてい、申込者の知人や顧客を装って、個人名で電話がかかってきます。

 

どうしても心配な人は、在籍確認がありそうなときは職場に待機しておくとよいです。契約に必要な書類もWEB上の手続きで送ることができます。

 

身分証明には運転免許証かパスポート、それにくわえて健康保険証が必要です。

 

運転免許証にくわえて健康保険証が必要な点はキャッシング会社よりも必要書類が多いです。

 

また、融資額によっては収入証明書が必要になります。キャッシングを利用するときに必要なカードは後日郵送されます。

 

でも、パソコンやスマホを使えば契約したその日からキャッシングを利用することもできます。

 

スターカードローンはキャッシング即日融資も可能なので、これから審査申し込みをする人でもすぐにお金を借りることができます。

 

申し込み内容の正確さが重視される東京スター銀行

 

東京スター銀行のスターカードローンの申し込みをする時には、必ず申し込み用の書類に記載をしていく事になります。

 

またWEB媒体で申し込みをするのであれば、フォームに様々な情報を入力する事になるのです。

 

そしてこの銀行から借りようと考えているのであれば、情報の正しさには気をつけた方が良いでしょう。

 

というのも間違った情報をこの銀行に送信してしまうと、それで借りるのが難しくなってしまう事があるからです。

 

例えば住所ですね。申込書に記載した住所が間違ってしまっていると、それで借りるのが難しくなってしまう事もしばしばあります。

 

それとお勤め先の状況も同様で、やはり何か間違った内容を記載してしまっていると、それで借りるのが難しくなる事例もあります。

 

それとお勤め先やお住まいでの年数ですね。どちらも年数を記載する欄があるのですが、

 

それを水増しして記載してしまうと、借りるのが困難になる事もあります。

 

まだ1年しか居住していないにもかかわらず3年などと記載してしまいますと、やはり落とされてしまう確率は高まるでしょう。

 

このように東京スター銀行に対する申し込みデータは、内容の正確さが求められる訳ですね。そしてデータを入力すると、たまに入力ミスなどが発生する可能性もあります。

 

入力ミスで借りられないのは少々悲しいので、データを送信する前に一読して、内容が正しいかどうかを確認すると良いでしょう。

 

 

東京スター銀行カードローンの在籍確認は勤務先連絡ある? オペレーターに相談すると電話なしでキャッシングできるか

 

東京スター銀行カードローンに申し込みを行うと最初に仮審査が行われます。仮審査に通過すると本人確認の電話が行われ、この時に職場に在籍確認の電話が実施されます。東京スター銀行の公式サイトの中でも、「ローンの審査手続きの一環として、在籍確認を個人名でさせていただく場合がございます」と記載されています。既に同行の他のローンの申し込みをして利用中であれば在籍確認が行われない可能性がありますが、最初は必ず職場に電話で在籍の有無がチェックされます。

 

東京スター銀行カードローンは最高金利が年率14.6%で、一般的な消費者金融のカードローンよりも低利で、審査の基準が厳しくなります。銀行カードローンよりも金利が高くて審査のハードルが低い消費者金融でさえも必ず電話で職場の在籍確認が行われるのですから、審査基準が厳しい銀行カードローンで在籍確認が実施されるのはやむを得ないことです。

 

一部の消費者金融であれば、どうしても在籍確認ができないような事情がある場合に限り、社会保険証や給与明細などの書類を提示することで電話による在籍確認をしないようにしてもらうことも可能です。これに対して東京スター銀行カードローンでは他の銀行カードローンと同じように、電話による在籍確認を無しにしてもらうことはできません。電話での在籍確認が取れなければ、東京スター銀行カードローンを利用することができません。

 

一般的に消費者金融やクレジットカード会社の在籍確認の電話ではオペレーターが個人名を名乗りますが、銀行のローン審査の場合は堂々と銀行名を名乗ります。銀行から個人に対して電話が来てもローンの在籍確認であるとは限りません。それでも今は個人向けサービスの勧誘程度であれば職場に電話をかけるようなケースがほとんどなく、携帯電話や自宅に電話がかかってきます。このため、銀行から職場の電話番号に電話がかかってきて誰か他の人が電話に出た場合には、ローンに申し込みをしたことが知られてしまう恐れがあります。

 

東京スター銀行カードローンを利用するためには電話による職場の在籍確認が必須です。それでもメガバンクや都市銀行など他の多くの銀行とは異なり、東京スター銀行はオペレーターが在籍確認の際に銀行名を名乗ることはありません。

 

東京スター銀行のカードローンに申し込みをした時の在籍確認電話で職場で自分以外の人が電話に出た場合でもオペレーターは個人名を名乗るため、銀行からの電話であることはわかりません。そのため、他の銀行カードローンの在籍確認電話のように、ローンの申し込みをした事が職場の人に知られてしまう可能性が低いのです。

 

東京スター銀行カードローンも他の銀行カードローンと同じように電話による在籍確認を避けて通ることができません。それでもオペレーターが銀行名を名乗らなないため、他の銀行のカードローンに申し込みをするよりも、職場の人にバレてしまう可能性が低いというメリットがあります。

 

 

東京スター銀行の審査基準 確実に審査に通るために気を付けること

 

東京スター銀行カードローンでは明確な審査基準を公開しているので、ここに適合していなければ借りることが出来なくなります。例えば年収が400万円で一般企業の正社員ならば基本的に審査をクリアできると考えられがちですが、現時点でローンの延滞していればその段階で審査に落ちることが決まってしまいます。

 

何故なら東京スター銀行カードローンではローンを延滞中の方には融資を行わないと規定しているからです。この場合は延滞分をしっかりと払うことで融資を受けられるようになります。

 

このように年収や職業が融資を受ける上で問題がなくても、規定に外れてしまう要素があれば審査をクリアすることが出来ません。まず1つ目の規定は年齢です。満20歳以上65歳未満であることが審査をクリアするための条件となっています。これは身分証明書などでも明らかになりますが、インターネット上で申し込んだ段階で既にチェックされています。2つ目の項目は前年度の税込の年収が200万円以上であるということです。所得税などで天引きされる分を含めての額であり、ここを超えていれば業種を問わず融資を受けられる可能性があります。

 

ただし、給与所得でない自営業の方や主婦の方は別のローンを受ける必要があります。これは3つ目の規定に「給与所得者の方で正社員、契約社員、派遣社員の方」と定められているからです。4つ目の規定は過去に債務整理や自己破産をしていないことです。東京スター銀行カードローンに関わらず、過去の金融事故や債務整理、滞納などは審査において大いに不利になります。

 

ここでは滞納は項目として挙がっていないものの、出来るだけ行わないように配慮しておきましょう。5つ目は先ほどのローン延滞の件です。現時点で延滞があるかないかが問題なので、過去に延滞があったとしてもそれは直接の問題にはなりません。ただし、何度も延滞している場合はクレジットスコアの問題で不利となります。

 

6つ目は過去6ヶ月の間に東京スター銀行カードローンで審査落ちしていない方です。審査に落ちてしまったからといってすぐに申し込んでも、また審査落ちしてしまうということです。延滞など気がつけば防げる問題で審査に落ちてしまったとしても、半年の間は融資を受けられないので注意しておきましょう。

 

東京スター銀行カードローンでは審査の項目を6つも用意していて、見ようによっては非常に厳しい審査を課しているかのように思えます。しかし、実際のところ、ここの審査が特筆して難しいということはありません。

 

予め審査項目を明らかにすることで円滑な審査を行っているといったところです。この項目にはありませんが、過去の滞納などが不利になってしまうことは他の金融機関と同様です。この6つの項目に自分が合っているかをチェックした上で申し込めば、自ずと審査をクリアできる可能性は高いです。特に税込年収などは細かく見ておくと安心して申し込めます。

 

 

東京スター銀行は学生でも借りれる? キャッシング不安だから大手で借りたい

 

今すぐお金が必要だけど、キャッシングはしたことがない、そんな人におすすめなのが大手銀行系のカードローンです。銀行系のカードローンはテレビCMなどでお馴染みのブランドも多く、銀行系列ならではの安心感があるのも特徴です。借り入れ時の規約もきちんとしており、返済方法も複数用意されているため、返済もしやすくなっています。初めてキャッシングをするのならば、まずは大手銀行系のカードローンを利用してみましょう。

 

大手銀行系のカードローンの中でも、東京スター銀行カードローンは、学生でも利用することができます。東京スター銀行カードローンでは、お店に行くことなくキャッシングを申し込むことができます。インターネット環境さえあれば、自宅のパソコンから、あるいはスマートフォンからいつでも申し込みを行うことができるのです。お店に直接行ってスタッフの顔を見ながらキャッシングの申し込みをするのは抵抗があるという人や、忙しくてお店に行く時間がないという人にとっても、使いやすいサービスとなっています。

 

カードローンの申し込みには、必要書類を提出しなければいけません。これは東京スター銀行カードローンだけではなく、キャッシングを取り扱っている他社であっても同様です。お金を借りる以上は身分証明書の提示は必須となり、この身分証明書には運転免許証や保険証などの公的な証明書が利用されます。

 

お店に行かなくて済むのは嬉しいけれど、書類の送付が面倒という場合にも、東京スター銀行カードローンが最適です。証明書の書類をスマートフォンなどで撮影し、それを添付しての送信も受け付けていることから、わざわざ書類を書き、証明書を郵送する必要がないのです。

 

東京スター銀行カードローンは、東京銀行に口座を持っている利用者を対象としています。まだ東京銀行に口座を所持していない場合には、申し込みと同時に口座も作ります。ATMなども多数設置してある大手銀行として使い勝手が良く、アルバイトの給料振り込みの口座としても利用できることから、口座開設自体にもメリットが存在します。申し込んだキャッシングの入金も希望によってはこの口座へと行われ、引き落としもここから実行されるなど、管理がしやすいのも嬉しいところです。

 

キャッシングは上手に使えば、ちょっとお金が足りない時にお財布代わりになってくれる便利なサービスです。アルバイト収入などをしっかりと管理して返済を行っていくことで、学生にとっては金銭感覚やお金の管理を身に着けるための良いきっかけともなるでしょう。それまでは親がやってきたお金の管理について、自分自身で学ぶ勉強の場ともなってくれるのです。

 

自分にとってどれぐらいの借り入れが最適なのか、苦労せずに返せる金額はいくらぐらいなのかを学ぶこともできます。東京スター銀行カードローンは学生でもキャッシング可能な銀行系カードローンで、信頼度の高さや安定性からも、学生がまず使いたいカードローンとなっています。

 

 

東京スター銀行の審査 否決か通るかの決め手は 書類不備がないようにしたい

 

東京スター銀行では、使い道が自由のカードローン(スターカードローン)のサービスを実施しています。最高金利は年率14.6%で消費者金融よりも低く設定されています。東京スター銀行カードローンの審査では、本人の職場や年収額、他社からの借り入れ、ローンやクレジットカードの利用履歴などの情報をもとに、ローン利用の可否や限度額が決定されます。審査を受ける際は、身分証明書類や収入証明書類などの書類を提出する必要があります。

 

他の銀行や消費者金融も含めて、提出された書類の不備が原因で審査が否決になってしまう場合があります。

 

一般的にカードローンとは見ず知らずの他人に無担保無保証人で何十万円ものお金を融資するサービスなので、利用者が返済してくれるのかどうかが厳しく審査されます。

 

そのため、年収額や勤務先以外にも借りたお金を真面目に返済する人なのかどうかがチェックされます。

 

本人の年収額や属性に何の問題がなくても、その人に誠実さに欠けると判断されてしまうと、限度額が少なめに設定されたり、審査に通過できないケースもあります。

 

ローン審査では心理テストを行う訳ではないので、性格を判断することは容易ではありません。審査に申し込みをした人の性格について知るための数少ない情報源として、提出された書類の不備の有無がチェックされる場合があります。

 

金利が高くて限度額が低い消費者金融であれば、提出書類の不備があっても審査に影響しない場合があります。

 

これに対して低金利で限度額が大きい銀行カードローンでは、書類の不備や記載事項の正確さも審査される場合があります。

 

東京スター銀行カードローンも低利で最高限度額が大きいため、書類の不備が原因で審査に通過できないケースがあります。

 

書類の不備といっても種類があります。文字通り提出書類が不足しているケースもありますが、きちんと書類を提出しても書類不備になってしまうことがあります。

 

東京スター銀行カードローンはインターネットで申込みが可能で、運転免許証などの書類を撮影した画像をアップして提出します。

 

画像の文字が不鮮明であったり、フォトライトや照明の光が反射して文字や写真を読み取ることができないような場合や、一部の文字が手などが陰になって隠れてしまうと、書類不備として扱われてしまうことがあります。

 

必要書類を全部揃えて鮮明な画像をアップしている場合でも、書類不備になってしまうケースがあります。

 

入力フォームで住所などの入力を行う際に、証明書類の記載と異なる表記をすると書類不備として扱われてしまいます。

 

例えば運転免許証の住所欄が「1丁目2番地の34」であるような場合に、入力フォームで「1-2-34」などと省略してしまうと、書類不備に該当してしまいます。

 

銀行のローン審査では収入や他社からの借り入れ状況、勤務先などの属性なども重要な判断材料ですが、提出書類の不備の有無についてもチェックされることがあります。書類不備が原因で審査が否決にならなくても、再提出が求められると即日融資が利用できなくなるケースもあるので、提出書類にも注意を払うようにしましょう。

 

 

東京スター銀行でお金の借り換えは可能? ほかの金融でも借りてるけどキャッシングできる?

 

東京スター銀行では、通常のカードローン(スターカードローン)のサービスがあり、これとは別におまとめ専用のローンがあります。

 

公式サイトの東京スター銀行カードローンの商品説明書のページを見ると、資金の使い道として、事業性資金を除いて自由に使うことができることが明示されています。

 

商品説明書を見る限り、東京スター銀行カードローンでは、他のローンの借り換え目的での利用を禁止してはいません。

 

この一方で「おまとめローン」の申込条件を簡単にまとめた「簡単クイックチェック」を見てみると、「自営業者・パート・アルバイトの方は、スターカードローンをご利用いただけます。」と記されています。

 

おまとめローンの方は正社員や派遣社員で一定以上の収入がある人を対象とした借り換え専用のローンであり、自営業者やパート・アルバイトの人が他社からのローンを借り換えをしたい場合には、カードローンの方を利用することが推奨されています。

 

これらの事から、東京スター銀行カードローンでも他社から借りたローンの借り換えが可能であることが分かります。

 

東京スター銀行のローンで借り換えを希望する場合、「おまとめローン」ではある程度の年収があって安定した収入があって借り換えの金額が大きい人のためのローンであると考えることができます。

 

これに対して東京スター銀行カードローンの方は、借入金額がさほど大きくない人や、自営業・パート・アルバイトの人が借り換えをする場合に利用ができるように、使い分けられていることが分かります。

 

ちなみに東京スター銀行の「おまとめローン」の最高金利は年率14.8%であるのに対し、スターカードローンの方は年率14.6%と僅かに低めに設定されています。

 

このため限度額の範囲内であれば、「おまとめローン」よりも使い道が自由な東京スター銀行カードローンの方を利用して借り換えをした方がお得です。

 

 

東京スター銀行では「おまとめローン」のサービスを早い段階から開始し、銀行カードローンよりも金利が高い消費者金融からの借り換え目的のローンを積極的に実施してきました。このため東京スター銀行カードローンは、銀行よりも金利が高い貸金業者からのお金の借り換えをするのにおすすめです。

 

 

東京スター銀行は貸金業法の総量規制適用外なので、消費者金融などの貸金業者から年収の1/3近くまで借り入れがある人でも利用できます。

 

スターカードローンを利用して借り換えをする場合には、申込手続きの際に資金の使い道として「借り換え」にチェックを入れておけば、他社からの借り入れがあっても審査に通る可能性が高くなります。

 

仮に借り換え希望額の全額が認められなくても、少しずつ借り換えをして他社を解約してスターカードローンの限度額を増やしてもらうことも可能です。

 

 

一部の銀行や信販会社は、消費者金融の利用者に対してローン審査を厳しくする所もあります。

 

これに対して東京スター銀行は消費者金融の利用者に対して、スターカードローンへの借り換えを積極的に進めています。このため東京スター銀行では、消費者金融からの借り入れがあったとしても審査が厳しくなるようなことはありません。