新生銀行レイクカードローンばばれずにお金借りれる?内緒でキャッシングしたいときの審査について

新生銀行レイクカードローンばばれずにお金借りれる?内緒でキャッシングしたいときの審査について

 

 

 

新生銀行レイクの在籍確認 会社への電話連絡ある?

 

新生銀行レイクの在籍確認で、会社への電話連絡があるかどうかということですが、これは基本的には避けられないものと思っておいたほうがよいでしょう。場合によっては行われないこともあるようですが、初めからそれを期待したり、あるいは回避したいと申し込み時に伝えるようなことは、望み通りになることもあるかもしれませんが審査の上で悪影響を及ぼすことも考えられるからです。

 

新生銀行レイクだけに限らず、どんなカードローンであっても在籍確認は付き物であって、基本的には避けようのないものなのですから、ここは考え方を180度転換し、会社への電話連絡を無しで済ますことができないかとくよくよ考えるよりは、かかってきても何の問題もないように、堂々とクリアできるように心積もりをしておくほうがよほど精神衛生上もよいことなのです。

 

そのためのいくつかのヒントですが、まず、新生銀行レイクからの電話では、レイクというカードローンの申し込みのための在籍確認であるとは決して告げられません。銀行名は名のることになりますが、カードローンの申し込みであるとは言われないのです。銀行からの電話なのですから、堂々としていれば何の問題もないはずです。

 

社会人が銀行と取引があるのは当たり前でしょう。にもかかわらずびくびくしているからこそ、これは本当はカードローンの申し込みではないかなどと周囲に勘ぐられ、顔色をうかがわれて噂として広まることにもなるのです。ポーカーフェイスが大事です。

 

会社の同僚などにレイクのカードローンではないかと感づかれてしまわないかという懸念とは逆に、会社でのことを新生銀行側に知られてしまうのではないかという懸念もあるかもしれません。

 

例えば会社での勤務態度とか仕事っぷりを根掘り葉掘り聞かれるのは嫌だなあというわけです。確かに誰であっても嫌なことでしょうが、そんな心配は一切無用です。

 

新生銀行側が知りたいことは、申込者が確かにその会社に勤めているか、籍を置いているかどうかの一点だけです。勤務態度とか業務成績、ましてや年収とかには、ここでは何の興味もありませんし、聞くべき内容ではないこと、むしろ聞くのは不適切であることを十分に理解しています。

 

 

確認したいこと、興味のあることは、その会社に勤めているかどうかだけなのですから、在籍確認の電話など、場合によってはほぼ一瞬で終了します。本人が電話に出ればまずそれだけで終わりです。

 

氏名の確認と、あとは間違いなく本人かどうか、例えば住所や生年月日などを確認する程度です。本人が外勤や休暇で電話に出られない場合であっても、電話に出た同僚などとのやり取りで本人は今日は外勤中だということが分かれば、即ちその人はその会社に確かに勤めていることとが分かりますからそれで終了です。

 

 

このように、ほとんど在籍確認の電話かどうかなどを考えるような余地もないほどに手短に済ませられてしまうくらいなのですから、心配するようなことなく堂々としていること、これが第一です。

 

 

 

新生銀行レイクカードローンの審査 親にばれずに学生でもお金借りれる?

 

「レイク」は新生銀行が行っている個人向け無担保ローンです。

 

新生銀行レイクの利用が初めてで200万円までの借り入れの方に限り、借入金額の5万円までは180日間無利息、また初めての方で30日間なら借り入れ金額の全額分無利息という特典があります。

 

契約をするにあたっては、パソコンやスマホなどインターネットから申し込むとその日のうちに本人名義の金融機関口座に振り込まれることが可能です。

 

またレイク独自のシステムによってパソコンやスマホの申し込み後に表示される画面で審査結果を確認することができ、500万円までの利用が可能かどうかの確認もできます。さらにインターネットでの申込なら本人確認書類もメールなどで送信することができるので来店もせずに行えることもレイクの特徴です。そして全国のコンビニなどの提携ATMを利用する際に手数料が無料という特徴もあります。

 

レイクは日本在住の満年齢が20歳から70歳の方でパートアルバイトでも安定した収入があれば申込むことができます。申込むのはパソコン、スマホ、アプリ、携帯電話や電話からでき、インターネットで申込み平日14時までに本人確認書類の確認ができればその日のうちに振り込んでもらえることができます。自動契約機を使って申し込むとカード発行まで約50分で完結します。

 

レイクはもともと消費者金融会社でしたが2011年に新生銀行に譲渡され、現在は申請銀行カードローンとなっています。消費者金融は貸金業なのですが、銀行は貸金業ではないため貸金業法の対象になりません。

 

貸金業法の対象になれば借入限度額は申込者の年収の3分の1までという総量規制がありますが、銀行の場合は該当しないので借入限度額は新生銀行独自の限度額の範囲内で、申込者の返済能力を審査することによって決められます。

 

安定した収入さえあればパートでもアルバイトでも申し込むことができるのでアルバイトをしている満20歳以上の学生も申し込むことができます。学生も部活やゼミなどでの合宿や卒業旅行などで急にお金が必要なこともあります。

 

そんなときに30日間無利息などというサービスのある新生銀行レイクのような所でお金を貸してもらえるということは心強いことなのですが、審査結果が電話でかかってきたり、契約申込書の郵送が家に届いたりすると家族にバレる可能性があります。

 

また審査の際に自宅やアルバイト先、勤務先に電話がかかってくることがあったり利用明細を郵送で送ってきたりと家族にバレることがある可能性も高いのですが、学生が金融機関でお金を借りることは親にはあまり知られたくないものです。

 

そんなときはパソコンやスマホの新生銀行レイクのホームページから申込むことによって来店をすることなく振り込んでもらえたり、自動契約機で申込むことによって申込から本人確認証の提示、契約内容確認書の発行と署名後の提示、カード発行、借入まで契約機のみで行うことができます。

 

借り入れ後の郵便物や電話についてもフリーダイヤルにかけて相談をしてみると解決できる可能性があります。

 

 

 

新生銀行レイクカードローンは無利息サービス使える?嫁にばれずに借りたい

 

新生銀行のホームページ内には新生銀行の商品紹介が行われているウェブページがあります。

 

商品紹介ページの中にはカードローンについての紹介が行われているウェブページがありますが、新生銀行のカードローンには、スマートカードローンプラスと新生銀行レイクの2種類があります。

 

スマートカードローンプラスは1万円から最大500万円まで、借入利率は実質年率4.5%〜14.8%、新生銀行のインターネットバンキングの新生パワーダイレクトを利用しての申し込みの場合、原則本人確認書類が不要などの特徴を持っています。

 

一方、新生銀行レイクは1万円から最大500万円まで、借入利率は実質年率4.5%〜18.0%で、融資額自体は同じですが、実質年利が高めに設定が行われています。

 

しかしながら、新生銀行レイクには借入額の内、5万円までは180日間利息が0円、借入額に関係なく30日間利息が0円のいずれかのお得なサービスを受ける事が出来るようになっています。

 

例えば、30万円だけ利用したい、返済は30日以内に返す事が出来るなどの場合は、30日間無利息になるサービスを利用する事で、元金の30万円だけを返せば良いのでお得なカードローンの利用が出来るメリットがあるわけです。

 

そのため、新生銀行レイクには注目が集まっており、スマートカードローンプラスよりもお得と感じる人も多いのではないでしょうか。

 

カードローンは利用限度額の範囲で繰り返し利用出来るので、返済を行って利用限度額を元の状態に戻せば、何度でもお金を貸して貰える便利さがあります。

 

尚、カードローンを利用する人の中には家族に内緒で利用したいと言う人も多いかと思われますが、新生銀行レイクはネットでの申し込みが出来て、契約についてもネットで完結が出来ます。

 

書類の郵送などもないので家族に内緒で利用が出来るカードローンと言えましょう。

 

銀行のカードローンの中には預金口座を作らないと申し込みが出来ないケースがあります、当行のカードローンは預金口座がなくても申し込みが出来ますし、申し込み後に預金口座を作る必要もありません。

 

ちなみに、預金口座を多く作ると口座の管理が面倒になるなど、良い事ではないと感じる人も多い事からも注目を集めているカードローンの一つになっています。

 

借入方法には新生銀行のATMやレイクのATMを使う方法、指定の銀行口座への振込みによる方法、提携金融機関のATMを利用する方法などを選ぶ事が出来るため、新生銀行の口座がなくても良いわけです。

 

ちなみに、平日の営業日の午後2時までに申し込みや必要書類の確認が完了している場合、即日振り込みが可能な即日融資も魅力になっています。

 

必要書類には自動車の運転免許証や健康保険証などの本人確認書類、契約額に応じて必要になる収入証明書類などになります。

 

ちなみに、収入証明書類の提出が不要な契約額などの場合、審査の時に年収が少ないので不安に感じる人も安心です。

 

 

新生銀行レイクカードローンの審査は厳しい?土日祝日でも借りれるか

 

新生銀行レイクは無利息でサービスを届けている点が顧客に支持を受けているカードローンが有名であり、テレビコマーシャルも度々放送されているので非常に知名度が高いです。

 

 

初回の申込者は無利息の期間がきっちりと設けられている上に、最も短ければ50分間で融資可能なので思い立った時にすぐに必要額が手元に受け取れます。

 

しかも、インターネットでのサービス提供にも注力しているので、店頭に行かなくても申し込みと契約が完了する上に、借り入れや返済までもが終えられるので便利です。

 

そもそも、新生銀行レイクというのは名称から判明できるように、従来から存在している金融同士が手を取り合って誕生したものです。

 

2011年の段階ではまだ消費者金融として経営していた会社が商標と店舗、人員に変更を加えることなく譲渡した形になり、現在の新生銀行レイクが完成しました。

 

新たに設定された利用する際の条件としては、満年齢が20歳以上で上限は70歳以下と指定され、安定的な収入が受けられているのもチェック項目です。

 

安定収入と聞くと正社員で良い会社に勤めていなければならないように聞こえますがアルバイトやパート、自営業や学生であっても良いですし外国人も永住権があれば問題にはなりません。
新生銀行レイクのプランは、30日間無利息の形式と180日間は5万円分が無利息になる形式の2つがあり、返済期間と借入額に応じて正しい方を選んでいくことになります。

 

かつてなら担当者の所まで出向いて資料を片手に説明を聞くのが定番でしたが、新生銀行レイクのホームページでは返済に関与するシミュレーションを正しく行えるサービスがあるので、自宅や出先でネット環境に繋げられる状態にあればいつでも知ることができます。

 

そのようにして実行した作業はすぐに審査がスタートするのですが、従来型のように長い間待たされるということはなく、驚くほど早く判定が発覚します。

 

よほどの事が無い限り、審査が通過できないといったトラブルが無いので、大部分の人々が無事にパスできるのですが、尚更驚くのは結果が出た後に1時間も経たずに全工程が終わることです。

 

自宅や今現在居るところの近くに自動の契約機があるのなら、契約機を操作して申込みと契約、カードの受け取りを済ませる選択肢を取った場合最短で50分しかかかりません。

 

カードを手にした後は、その場から離れることなく目の前にある機器をもう一度操作して借り入れの作業に移れます。

 

人口が多いエリアなどは一人で機械を専有してしまう事に抵抗感を抱く方も居ますが、長い時間独占したくないのならやはりオンラインから前もって済ませておき、手に入れる目的だけを持って装置に向かうようにすることが好ましいです。

 

また、提携している組織に対して送金などを実行する時には手数料がかからないですし、何らかの相談事があった時に電話する際は女性専用のダイヤルを使って新生銀行レイクに電話しましょう。

 

 

新生銀行レイクカードローンはすぐにキャッシング可能?

 

キャッシングは現在では多くの人が利用しているサービスで、様々な業者が参入しています。どこの業者のサービスを利用するのか決める上で重要なポイントとして、利便性が高いかどうかが挙げられます。

 

銀行系のキャッシングとして新生銀行レイクのものがあり、大手らしく使いやすさがメリットです。新生銀行レイクであれば、全国の色々な地域に店舗や自動契約機が設置してありますので、駅前などに行くだけですぐにキャッシングを利用できます。

 

自動契約機などに来店することで借り入れをしたい場合には、年齢条件や収入条件をクリアしておく必要があります。

 

キャッシングを使うときには申込みをすることで、審査を受けます。審査では利用者の個人情報を元にする情報や、信用情報、収入要件などの確認が行われます。新生銀行レイクでは年齢が満20歳以上から70歳以下の人しか利用できませんので、未成年者や高齢者の人は申込みを行う前に確認が必要です。

 

無収入の人は審査を通過することができませんが、一定の収入があれば正社員以外であっても、職業の内容に関係なく借り入れができます。

 

従って、アルバイトや派遣社員の人であっても問題なくキャッシングを利用できるので安心です。

 

すぐに借り入れを行いたい場合には、本人確認書類を持参することを忘れないように気を付けましょう。

 

必要書類を忘れてしまうと、取りに帰らなければなりませんので、余計な時間がかかってしまいます。新生銀行レイクの審査は当日中に完了するもので、申込みの手続きを行ってから約1時間ほどで結果が出ます。

 

結果についてはメールなどで通知してもらうことが可能ですので、店舗でずっと待っている必要もありません。時間の短縮をしたい人であれば、事前にインターネット上から申込みを行っておいてから来店する方法もあります。

 

ネットを使って借り入れの申込みをすることで、審査に必要な時間のうちに来店することができます。店舗や自動契約機に到着したころには審査が完了していて、審査を通過していればその場でカードを受け取れます。

 

キャッシングを利用する際に使うカードが手に入れば、すぐに借り入れをしても良いですし、レイクと提携している銀行やコンビニのATMを使うことも可能になります。

 

レイクは提携先のATMを使ったときでも手数料がかからないサービスを行っているために、無駄な経費を節約しながらキャッシングを使えます。

 

来店することが面倒なときや、近くに自動契約機が見つからない場合には、振込融資の方法を選択することで、店舗に行かなくても即日融資を受けられます。

 

ネット上からキャッシングの申込みをしたときでも、審査は当日中に終わりますので、スマートフォンやパソコンを使うことで、即日中に振込融資の手続きを行えます。

 

契約をまだしていない人が新生銀行レイクのキャッシングを当日中に利用したいときには、申込時間が15時を過ぎないように気を付ける必要があります。

 

15時を経過してから申込みをしてしまうと、審査が行われるのが翌日になるために、すぐに借り入れができませんので注意するようにしましょう。