アコム、プロミス、モビットの利子比較

アコム、プロミス、モビットの利子比較

アコム、プロミス、モビットの利子比較

アコム、プロミス、モビットの3サービス比較で利子を考えたときにはどのサービスが一番使いやすいのでしょうか。

 

結論から述べると、実は3サービス比較に関して言えばどのサービスを利用したとしても利子に大きな違いは生じません。

 

なぜ利子に大きな違いは生じないと言えるのでしょうか。

 

基本的に、アコム、プロミス、モビットの3サービスは銀行系の消費者金融として消費者にサービスを提供しています。

 

銀行系の消費者金融は銀行の子会社としてサービスを提供しているため利子に関して大きな上限を設けていません。

 

実際に、これら3サービスに対して適用されている法律に関しても似たような見解をとっています。

 

3サービスに対して利息制限法という利息の法律が適用されるのですが、この法律では最大であっても利子を20%しか設定できません。

 

しかも、これは非常に低額のお金を借りるときだけの上限であって融資の金額が大きくなればさらに利子の上限は小さくなります。

 

そのため、3サービス共に融資に関して設定される利子に関しては非常に小さな数値を設定しているのです。

 

銀行系のサービスとして信頼性の高いサービスを提供しているため、利子によって大きな違いは存在しないということを知っておきましょう。

プロミスと楽天銀行カードローンの対応、金利、早さ比較

プロミスは消費者金融大手として営業実績も豊富なサービスであり、

 

消費者金融の中でも金利設定が低めで安心して活用出来るサービスと言えます。

 

銀行カードローンと比べると高金利ではありますが、

 

対応速度や審査スピードに優れていて、スマホでも申し込み可能です。

 

さらに、プロミスは早期返済する場合には非常に役に立つサービスです。

 

プロミスと楽天銀行を比較してみると、金利設定はプロミスが4.5%から17.8%という設定であり、

 

審査申込みから即日での借入にも対応しています。

 

それに対し、楽天銀行の場合は金利設定が4.9%から14.5%であり、

 

最短で即日融資にも対応しています。

 

プロミスの方が高金利ではありますが、対応速度が速いという特徴があり、

 

審査スピードが早いですから、急ぎの方ならプロミスならお金を借り入れ出来るという例は数多くあります。

 

いずれにしてもサービス内容や金利設定を比較して、自身にとって有利なサービスを選択する事が望ましいです。

 

様々な点を考慮した上でサービスを選択すると良いですし、プロミスでは初回無金利サービス等も展開しています。

 

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

こういったサービスを活用すると銀行の低金利設定以上に有利な利用を行えます。

 

借入に成功した場合は返済を計画的に行って延滞や滞納を防ぎながら利用しましょう。